投資初心者が読むべき本(金持ち父さん貧乏父さん)

投資

投資に興味はあるけれど、どう行動を起こして良いかわからない、何を学べば良いかわからない人は多いと思います。単に「株や投資信託の買い方」を知るだけであれば、用語の意味も含めて証券会社のホームページを見ればわかりますが、そういった手法よりも重要な金融リテラシーを身につけるために知っておいた方が良いことなど実際に読んで役に立ったおすすめを紹介します。

金持ち父さん貧乏父さん

この本はロバートキヨサキ氏が自身の体験を元に書かれたと言われています。ベタ中のベタですが、最初に読むべき良書だと思います。主人公の実父(貧乏父さん)と友人の父(金持ち父さん)の2人から金融リテラシーを学んでいく様子が記されています。一見、ビジネスオーナーになることを推奨されているようなフシもあり、一般の会社員には縁遠い内容のように感じる方もいると思いますが、お金の考え方について非常に重要なことが書かれています。

金融リテラシーを敢えて教えない日本の教育制度や、良い学校に入り良い成績をとって税金のとりやすい会社員を量産する日本のシステムにも一石投じる内容でもあり、印象に残った点を要約して解説します。

私たちが「資産」と思って購入しているものの多くは実は「負債」

  • 資産:ポケットにお金を入れてくる
  • 負債:ポケットからお金をとっていく

この2点を前提に「持ち家は負債である」ということが語られています。これには異論反論もあるようで、ネットでも熱く議論されていますが、重要なことは「自分の財布にキャッシュフローを作ってくれるものが資産」ということです。

なので家や車を「資産」と思っている人が多いですが、一般的には収入を生み出すものではなく、支出を増やすものなので負債であるというのが著者の考えです。

「収入」ではなく「収入を生み出す資産」を増やすことが重要

会社員は毎月給料が定期的に入りますが、それらを少しでも増やすために、仕事を頑張り、収入が増えると買えるものが増え支出も増えてしまうというパターンにハマってしまいがちです。このことを「中流以下の人間はお金のために働き、お金持ちは自分のためにお金を働かせる」という言い方で説明がされています。

<具体例>

資産・・・株、債券、印税、収入を産む不動産など

負債・・・持ち家、車、ローン、保険など

金持ち父さんが考える「資産」とは、キャッシュフローを産むものであり、これらを増やすことが金持ちへの近道とされています。

自分のビジネスを持つ

「自分のビジネスを持つことが本当の資産になる」ということですが、他人のために働く会社員ではお金が残らないので、経費コントロールが可能なビジネスオーナーが有利と述べられています。

ただここでも重要なのは「ビジネス=自動的に(自分がいなくても)収入を生み出す仕組み」とされているので、まず起業すべきというよりは、仕組みを作れるなら起業したほうが良いという理解で良いと思います。

注意すべきこと

金持ち父さんシリーズはいずれも良書の部類に入るものですが、いくつか注意点があります。

例として記載されている内容を真に受けない

「持ち家は負債か資産か」などという議論がネット上で未だにされていますが、持ち家を貸すことでローン以上のキャッシュを産んでくれているのであれば資産と考えて良いと思いますし、車もカーシェアするなどして収入を産むマシンとなっているのであれば「資産」と考えることができます。重要なことは、「キャッシュを生み出す仕組み(=資産)」かどうかであって、家だとか車だとかアイテムを議論する意味はありません。また逆に闇雲に株や不動産を買えば良いということでもないことはご注意ください。

怪しい勧誘に注意

有名な本が故にの宿命かもしれませんが、本の内容や著者のロバートキヨサキ氏自体が、悪質な勧誘目的の勉強会や自己啓発系のセミナーでネタとして使われることが多く、問題となっています。本そのものに罪はないですが、この話を引用して信用させるという手口が横行していますので、「知っている話だから安心」とは思わず、十分ご注意ください。

まとめ

個々の手法論の実効性には若干の疑問があるものの、「資産」の考え方については、お金の本質が語られており、これからお金を増やしたい人は絶対に読むべき本だと思います。

なおシリーズでたくさんの本が出ており、私も数冊読みましたが、基本的にはこの本だけで良いと思います。そもそもこの「資産」について頭で理解することはそう難しくありませんが、腹落ちするまでは少し時間がかかりますので、新しい本を読むより読み返したほうが良いと思います。

いますぐ投資を始めない人にもおすすめですので、是非読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました